ホーム

緊急対応業務
防災協定の締結
事業計画
本会の事業計画
農村まるごと保全向上対策
広域組織支援
農村まるごと保全向上対策
「21世紀土地改良区創造運動」交付金交付要綱
21土地改良区創造運動
湖北・日野川地区国営造成施設管理体制整備促進事業
〜補修材料保管状況〜
水土里情報利活用促進事業
水土里情報活用ニューズ・レターNO.20
水土里情報活用ニューズ・レターNO.18
水土里情報活用ニューズ・レターNO.19
水土里情報活用ニューズ・レターNO.17
水土里情報活用ニューズ・レターNO.16
水土里情報活用ニューズ・レターNO.15
水土里情報活用ニューズ・レターNO.14
水土里情報活用ニューズ・レターNO.13
水土里情報活用ニューズ・レターNO.12
水土里情報活用ニューズ・レターNO.11
水土里情報活用ニューズ・レターNO.10
水土里情報活用ニューズ・レターNO9
水土里情報活用ニューズ・レターNO8
水土里情報活用ニューズ・レターNO7
水土里情報活用ニューズ・レターNO6
水土里情報活用ニューズ・レターNO5
水土里情報活用ニューズ・レターNO4
水土里情報活用ニューズ・レターNO3
水土里情報活用ニューズ・レターNO1
水土里情報活用ニューズ・レターNO2
水土里情報利活用促進事業2
水土里情報活用ニューズ・レターNO.24
水土里情報活用ニューズ・レターNO.22
水土里情報活用ニューズ・レターNO.23
水土里情報活用ニューズ・レターNO.21
滋賀県アセットマネジメントセンター
滋賀県アセットマネジメントセンターホームページ
滋賀県農村地域再生可能エネルギー推進協議会
過去の実績
滋賀県再エネマスタープラン
滋賀県での再エネ導入事例
概要
琵琶湖とつながる生きもの田んぼ物語推進協議会
FacebooKへ移動
Facebookアドレス
生きもの田んぼ物語推進協

生きもの田んぼ物語推進協

琵琶湖とつながる生きもの田んぼ物語推進協議会

琵琶湖とつながる生きもの田んぼ物語推進協議会設立

設立総会

生態系保全に関する技術や情報の共有、豊かな生きものを育む水田で生産された米の販路拡大に向けた情報発信等を一体的に行うことにより、取組の一層の拡大を目指すことを目的として、活動組織や支援団体等から構成する『琵琶湖とつながる生きもの田んぼ物語推進協議会』を平成28年7月27日(水)に設立しました。

取組趣旨に賛同する会員を広く募集していますので、事務局までお問い合わせください。

《お問い合わせ》
琵琶湖とつながる生きもの田んぼ物語推進協議会事務局 滋賀県農政水産部農村振興課



「琵琶湖とつながる生きもの田んぼ物語推進協議会規約 」

平成 28 年7月 27 日制定
第1章 総則
(名称)
第1条 この協議会は、琵琶湖とつながる生きもの田んぼ物語推進協議会(以下「協 議会」という。)という。
(事務所)
第2条 協議会は、主たる事務所を滋賀県土地改良事業団体連合会(東近江市林町 601 番地)に置く。
(目的)
第3条 協議会は、環境こだわり農業に取り組み、かつ生きもののくらしに配慮した 水田である「豊かな生きものを育む水田」の取組を一層拡大することを目的として、 生態系保全に関する技術や情報の共有、新たに取組を検討している地域への技術指 導、あるいは「豊かな生きものを育む水田」で生産される米の生産拡大および販路 確保・拡大に向けた県内外への情報発信等を行うこととする。
(活動)
第4条 協議会は、前条の目的を達成するため、次の各号に掲げる活動を行う。 (1)情報発信 (2)活動組織のスキルアップ (3)普及・啓発 (4)生産・販路拡大 (5)その他協議会の目的を達成するために必要なこと 2 協議会は、前項に関する事務の一部を、本協議会の構成員または構成員以外の者 に委託して実施することができる。

第2章 会員
(協議会の会員)
第5条 協議会は、県内の豊かな生きものを育む水田づくりの活動組織、市町・土地 改良区、研究者(大学、琵琶湖博物館等)、流通関係者(JA、生活協同組合等)、 協賛企業、NPO団体など、協議会の趣旨に賛同する者と滋賀県および滋賀県土地 改良事業団体連合会で構成する。 2 入会しようとする者は、別に定める入会申込書により申し込むものとし、その受理については、協議会において判断するものとする。
(届出)
第6条 会員は、その氏名または住所(団体の名称、所在地または氏名の変更を含む。) に変更があったときは、遅滞なく協議会にその旨を届け出なければならない。
(退会)
第7条 会員は、第 17 条で定める協議会事務局に届け出て、任意に退会することが できる。 2 会長は、会員が規約に違反したとき、協議会の名誉を傷つけたとき、目的に反す る行為を行ったときは、除名することができる。

第3章 役員
(役員の定数および選任)
第8条 協議会に次の役員を置く。 (1)会長 1名 (2)監事 1名 2 前項の役員は、第5条の会員の中から総会において選任する。 3 会長および監事は、相互に兼ねることは出来ない。 4 会長が必要と認める場合は、第5条の会員の中から幹事を若干名、指名すること ができる。
(役員の職務)
第9条 会長は、会務を総理し、協議会を代表する。 2 監事は、次の各号に掲げる業務を行う。 (1)協議会の業務執行および会計の状況を監査すること。 (2)前号において不正な事実を発見したときは、これを会長に報告すること。 3 幹事は、会長の職務を補佐する。
(役員の任期)
第 10 条 役員の任期は1年とする。ただし、再任は妨げない。 2 補欠による任期は、前任者の残任期間とする。
(任期満了または辞任の場合)
第 11 条 役員は、その任期が満了し、または辞任により退任しても、後任の役員が 就任するまでの間は、なおその職務を行うものとする。
(役員の報酬)
第 12 条 役員は、無報酬とする。

第4章 総会
(総会の開催)
第 13 条 協議会の総会は、会長が招集し、毎事業年度1回以上開催する。 2 総会は、会員現在数の過半数の出席をもって成立することとする。
(総会の議長)
第 14 条 総会の議長は、会長が行う。
(総会の議決等)
第 15 条 総会の議決は、出席者の議決権の過半数をもって決し、可否同数のときは、 議長の決するところによる。ただし、規約を変更するときは、出席者の3分の2以 上をもって可決する。 2 会員は、総会において、各1個の議決権を有する。 3 議長は、会員として総会の議決に加わることができない。 4 やむを得ない理由により総会に出席できない会員は、あらかじめ通知された事項 につき、書面をもって議決権を行使することができる。 5 前項の書面は、総会の開催の日の前日までに協議会に到着しないときは、無効と する。
(議決事項)
第 16 条 総会は、次の各号に掲げる事項を議決する。 (1)年度事業計画および収支計画の設定または変更に関すること。 (2)年度事業報告および収支決算に関すること。 (3)規約の変更に関すること。 (4)その他協議会の運営に関する重要な事項。

第5章 事務局
(事務局)
第 17 条 総会の決定に基づき協議会の業務を執行するため、事務局(以下「事務局」とい う。)を置く。 2 事務局は、次の各号に掲げるものをもって組織する。 (1)滋賀県土地改良事業団体連合会 (2)滋賀県農政水産部農村振興課

第6章 会 計
(会計)
第 18 条 協議会の資金は、次の各号に掲げるものとする。 (1)滋賀県琵琶湖とつながる生きもの田んぼ物語協議会補助金交付要綱の定める ところにより交付される補助金 (2)その他の収入 2 協議会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月 31 日に終わる。
(年度事業計画および収支予算)
第 19 条 協議会の年度事業計画および収支予算は、会長が作成し、総会の議決を得 なければならない。

第7章 雑則
(細則)
第 20 条 この規約に定めるもののほか、協議会の運営について必要な事項は、会長 が別に定める。

附則 1 この規約は、平成 28 年7月 27 日から施行する。 2 協議会の設立初年度の役員の選任については、第8条第2項「総会」とあるのは、 「設立総会」と読み替えるものとし、その任期については、第 10 条第1項の規定 にかかわらず平成 29 年3月 31 日までとする。 3 協議会の設立初年度の事業計画および予算の議決については、第 19 条中「総会」 とあるのは、「設立総会」と読み替えるものとする。 4 協議会の設立初年度の会計年度については、第 18 条第2項の規定にかかわらず、 この規約の施行日から平成 29年3月31日までとする。

豊かな生きものを育む水田づくり

水路魚道

滋賀県では、住民参加のもとに農村地域の生態系を保全し、農村の活性化を図るため、平成13年度から「魚のゆりかご水田※1」の取組を始め、さらに、平成23年度からは「豊かな生きものを育む水田づくり※2」として、内陸部にもその取組の拡大を図っています。

※1 魚が田んぼと琵琶湖を行き来できるよう排水路に魚道を設置する取組
※2 生きものの暮らしに配慮した水田やその周辺環境を整える取組

「世界農業遺産」申請に向けて

遡上するナマズ

滋賀県では、平成30年度の「世界農業遺産」申請に向けて取組を進めているところですが、このなかでも、「魚のゆりかご水田」をはじめとするこうした取組は、琵琶湖と共生する本県独自の農業システムのなかの大切な取組の一つとして位置付けられているところです。
当協議会としては、「世界農業遺産」の認定に向けて、その申請母体となる協議会にも参画し、気運を盛り上げていきたいと考えています。

魚のゆりかご水田米とは?

魚のゆりかご水田米

滋賀県では、田んぼに遡上できるよう設置した魚道を通り、田んぼで産卵・繁殖している状況を確認するとともに、魚への影響の少ない農薬(除草剤)を使用するなど、魚にやさしい田んぼでつくられたお米を「魚のゆりかご水田米」として認証しています。
平成27年度では、魚のゆりかご水田米として、県内5地域(約74ヘクタール)で栽培され、県内の一部の農協直売所などで販売されています。
「魚のゆりかご水田米」を購入し、食べていただくことが、魚たちや琵琶湖を守ることに繋がりますので、ぜひお買い求めください。

魚のゆりかご水田米の購入販売先

魚のゆりかご水田米
(平成27年4月時点)

◆JAおうみ冨士ファーマーズマーケットおうみんち
守山本店 (滋賀県守山市洲本町2785 TEL077-585-8318)
中主店 (滋賀県野洲市六条1319-1 TEL077-589-2907)
野洲店 (滋賀県野洲市小篠原2142-3 TEL077-588-3520)
ホームページアドレス http://www.ohmin.jp/ohminchi/
◆JAグリーン近江
(滋賀県近江八幡市鷹飼町北四丁目12-2 TEL0748-33-8450)
ホームページアドレス https://www.jagreenohmi.jas.or.jp/
JAグリーン近江「地域と密着するファーマーズマーケット きてか〜な」
(滋賀県近江八幡市多賀町872 TEL0748-32-0111)
http://www.jagreenohmi.jas.or.jp/about/kitekana.html
◆近江母の郷 物産交流館さざなみ
(滋賀県米原市宇賀野1364-1 TEL0749-52-5177)
ホームページアドレス http://www.omihahanosato.jp/index.html
◆須原魚のゆりかご水田協議会
(滋賀県野洲市須原219 TEL077-589-2701)
ホームページアドレス http://www.hori55.com/seseragi/home

※詳細な内容については、各店舗等にお問い合わせください。
(過去に販売されていた店舗についても記載しています)

更新年月日:2017/03/16